> キャッシングの借り換えにおけるデメリット

キャッシングの借り換えにおけるデメリット

キャッシングでは5千円前後の少額から返済できることで
利用しやすい環境がありますが、複数社から借り入れを行うと
毎月の返済額が多くなり生活が厳しくなってきます。

複数社からの借り入れがある場合には、大口融資で借り換えを行い
借金の1本化を行うことで返済にかかる負担を軽減することが可能です。
借り換えを行う場合には、キャッシングの特徴である
総量規制の例外規定を利用できるケースがありますので、
総量規制の枠を超えた融資が利用できるメリットがあります。

しかし借り換えを行う金融業者によってはデメリットとなる場合があります。

キャッシング借り換えはデメリットもある

キャッシングの借り換えメリットについては説明した通りですが、
キャッシングの借入額が多い場合、全額を返済するだけの借り入れが
できない場合があります。

借入額を1本化する目的は、金利の負担を減らし毎月の返済額を
減らすことにありますので、全てを1本化できなければ
返済の負担を減らすことはできないのです。

ですから複数社からの借り入れのうち、何社かの融資はそのままに
しておくという方法はデメリットが生じてしまうのです。

また、キャッシングの1本化で消費者金融を利用した場合には、
金利が高くなるために総額ではほとんど減らないという状況も出てきます。
キャッシングを1本化する場合には、銀行の融資など低金利ローンを
利用することが大切なのです。

キャッシングでは18%が標準的な金利ですが、1本化に使用できる銀行のローンでは
10%から15%程度となっていますので、利息の負担は確実に減らすことが可能です。
金利の高い1本化ローンを利用すると、毎月の返済額が大きくなるために
短期間に返済することができなくなりますので、
低金利ローンを利用することが大切なのです。

賃金業法改正前の借り入れがある場合は負担を減らせる可能性がある

貸金業法の改正によってグレゾーン金利が撤廃されていますが、
改正以前の借り入れを1本化した場合には利息の負担を大きく減らすことが可能です。
改正前では20%台半ばの金利が使われていましたので、
現在の金利で借り換えれば返済の負担を減らすことが可能なのです。

キャッシングについて

その他のローン情報